17才のおっとりマルとハイパーヨーキーみゅう&くぅの日常


by pyon-pyoko

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
庭・草花
ヨーキーズ
わん’s
習う
家族
日誌
はじめに
わんこごはん
お買いもの&お勧めグッズ
頂き物
おでかけ
未分類

タグ

(165)
(112)
(108)
(96)
(49)
(46)
(44)
(38)
(29)
(28)
(25)
(23)
(19)
(14)
(12)
(10)
(8)
(5)
(3)
(1)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

最新のコメント

❤️雪太郎さんへ ヤバ..
by pyon-pyoko at 08:54
あ!このキノコ、一昨日う..
by 雪太郎 at 06:28
❤️ハナオンマさんへ ..
by pyon-pyoko at 21:44
キノコ(笑) 菌で生え..
by hanalove87 at 21:23
❤けんぴーさんへ この..
by pyon-pyoko at 20:41
❤mineさんへ 松茸..
by pyon-pyoko at 20:35
傘も肉厚で、立派なきのこ..
by けんぴー at 19:29
ぴょんさん このきのこ..
by mine at 18:08
❤のだちょこさんへ 笑..
by ぴょん at 21:12
❤クーたんママさんへ ..
by ぴょん at 20:48

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.co..
from venushack.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

イルボくん操縦不能
at 2017-08-17 13:39
わんこごはん
at 2017-08-16 13:11
けさの波平さん 特別番外編
at 2017-08-15 11:19
恒例の歯石取りで歯も取れたw
at 2017-08-14 11:05
我が家のオールスターズ☆
at 2017-08-13 09:55

フォロー中のブログ

HANALOG ~ヨーキ...
- Happy focus -

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
犬

画像一覧

<   2013年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ものの頼み方

「みゅうちゃん、どいてよ!」
e0248268_2271888.jpg
 「どかない!」 


くぅちゃん、下からなのにナゼか上から目線・・・


 


ランキングに参加しています。
私のお膝の上を独占しているみゅうちゃんに、どちらかひとつポチッとして頂けると嬉しいです♪
            ↓                          ↓
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by pyon-pyoko | 2013-09-30 22:37 | わん’s | Comments(24)

いかないで~

 行ってきます~ 
e0248268_9193741.jpg
 3わんず「いかないで~~~」   

いつもの事なのに、いつまで経ってもお互い慣れません(T^T)

お仕事終わったら、直ぐに帰ってくるからねー

元気でお利口さんに待っててねー

このフレーズもお決まり文句♪

あ~一緒にいたいのに~(><*)ノ~~~~~

宝くじ~
いつか当ててやる~~(`ロ´;)

   
 
ランキングに参加しています。
宝くじよりもムダ使いをやめれば!というワイルドな姉ちゃんに、どちらかひとつポチッとして頂けると嬉しいです♪
            ↓                          ↓
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by pyon-pyoko | 2013-09-29 09:33 | わん’s | Comments(22)

もしも~し!

自他共に認める超寒がりな私^^;

今年こそは、我慢する事を覚えようと昨日も半袖で夜を過ごしましたが、
明け方、あまりに寒くて目が覚めました。

慌ててお風呂を数ヶ月ぶりに沸かして 、ゆっくり入りました~(*´ー`*)


皆さんにご心配をかけたくぅの再検査ですが、お蔭さまですべて正常値に戻りました。
いろいろとありがとうございました。

結局、不明熱(ただの風邪?)だったのですが、もし同じような事が起こったら、今度は様子を見ずに
関節液を採って検査する事になりました。

ただの風邪であればいいのですが~

今は超元気に家じゅうチェックしています^^;



今日はお天気が良いですね。
さすがに今頃の時間は、家の中も窓を開けないと暑いのですが~

  ん?

e0248268_124161.jpg
 ( ̄ロ ̄lll) ガビーン       
マルちゃん、今日は毛布ですか・・・ 

暑くてボ~っとしていますね(汗)

もしも~~~し、マルちゃん聞こえますか~
のぼせますからサッサと出ましょうねー(;^ω^)




ランキングに参加しています。
室内の温度が上がっても、動くのが面倒くさくなって我慢していたマルちゃんに
どちらかひとつポチッとして頂けると嬉しいです♪
            ↓                          ↓
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by pyon-pyoko | 2013-09-28 12:41 | Comments(12)

マルちゃんへ

マルちゃんへ

マルちゃん、涼しいどころか肌寒い日に クールマットの上にのって震えるのはやめましょうね^^;
e0248268_8543626.jpg
 この画像はイメージです



ランキングに参加しています。
「クールマットを片づけてあげて」と、娘に注意されたわたしに、どちらかひとつポチッとして頂けると嬉しいです♪
            ↓                          ↓
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by pyon-pyoko | 2013-09-27 09:00 | Comments(18)

男の仔?女の仔? お迎え編 くぅの場合~

みゅうが我が家にやって来て、久しぶりの子育てが始まったと、ワクワクしていましたが、
初日から、フードをあまり食べず、、、(汗) 

でも来たばかりで環境も変わったから、当たり前と言えばそうなのですが、数日たっても一向に自分から食べる様子もなく、ひと粒ひと粒おクチに運んでも 遊んでばかりで心配してばかりかけられました。
あまりに小さな子なので食べるまで放っておく事ができません。
低血糖で可哀相な事になったわんちゃんが意外に多い事を知り、それからは
私の頭の中は 『低血糖症』という文字ばかりがグルグルと回っておりました。 

この頃のみゅうは、とにかく食べない。
あの手この手、考えれれる事は片っ端から試しましたが、ほとんど効果なし(>_<)
ブリーダーさんにアドバイスを求めるも、お里では問題なくフードを食べていたというし、
喜んで食べていたという『さつまいも』も直ぐに効果がなくなりました。
さすがのブリーダーさんも、このままではマズイと思ったようで、こうなったら
『メロンパンの上の甘い部分を食べさせ、低血糖だけは避けて』と
言われたりもしました。

いろいろトラブル続きのみゅうでしたが、お腹とお耳にたくさんの虫(ジアルジア)が
いた事がわかり、しばらくは1階と2階でマルとは対面させず、別々に暮らしていました。

約2週間後に初めてご対面させたのですが、嬉しくてシッポブンブンのみゅうに対して、固まるマル(汗)
e0248268_4275749.jpg

マルと遊びたくて堪らないみゅう
e0248268_4291038.jpg

毎日、こんな光景の繰り返し,本当にイヤそう^^;
e0248268_4344193.jpg

珍しく、態度で拒否るマル
e0248268_4354062.jpg

強制収容されたみゅう
e0248268_4364146.jpg



マルは本当に逃げまくっていました。
無邪気なみゅうは、追いかけまわしては次女に怒られていました。

私は板挟みになりました(滝汗)

みゅうはブリーダーさんの所でたくさんのワンちゃんと暮していました。
ひとりっ仔だったみゅうは、同じ頃に生まれたチワワちゃんと同じケージで遊んでいたようです。

そんなみゅうが たったひとりで我が家に来たのです。
ママワンのつくしちゃんと離れて、お友達とも会えなくなっていたので、マルと合わせた時には本当に嬉しそうでした。

でもマルは、、、大の犬嫌い( ̄▼ ̄|||)

チョコとは5つしか年が離れていなかったから、仲良くなれなかったけど、今度は13才も離れているから
逆に上手くいくかも♪
な~んて考えは、まったく通用しませんでした(>_<)

みゅうがリビングで遊んでいる時には、マルは常に抱っこ またはみゅうの届かない椅子の上に
避難させる日が続き、そんな様子を鋭い目つきで見つめる次女(((汗´c`))

マルが寝ている「いちごちゃんベッド」
e0248268_4411396.jpg
これはチョコの愛用ベッドだったのですが、
このベッドを使っていいのはマルだけ(汗)
みゅうはチョコの物を一切使ってはダメ!という次女との約束でしたので、この後同じタイプのひと回り
小さいベッドをみゅう用に買いました
e0248268_4433595.jpg

おもちゃにしても、チョコが使っていた物をみゅうが使っている所など、次女に見つかると
サッとみゅから取りあげてしまうのです。
最初は、次女との約束だから、仕方がないと自分に言い聞かせていましたが、訳もなく今まで遊んでいた
おもちゃを取りあげられてキョトンとした顔をしたみゅうを見たら、悲しくなってしまい(ToT)/~~~
今回の自分がとった行動が、マルもみゅうも可哀相な目に合わせる事になってしまった事を とても反省しました。

でも後悔しても、既にみゅうはうちの仔になったのだし、私にとっては無くてはならない存在になっていました。
この仔をマル同様に全力で守ると決めたのですから前に進むしかありません。

躾け教室に通って、なんとかマルから興味をそらす方法を探ってみたり、みゅうに社会性を
身につけさせれば、マルに対する行動ももう少しマシになるのでは、等々、模索していました。

躾け教室ではクラスメイトのシベリアンハスキーのジルちゃんに対等に遊びたがって先生を始めジルちゃんの飼い主さんをハラハラさせていたそうです←私は仕事で殆ど参加できず、ワイルドな姉ちゃんにお任せしていました。
食べ物に興味のないみゅうは、教室でもオヤツでツル事が出来ず、先生を困らせていました^^;

躾け教室を終えてもマルとの距離はまった縮まらず、その間にも原因不明の入院やたび重なる通院等で
心配事が絶えず、家では次女とみゅう、そしてみゅうの体の事では獣医さんとブリーダーさんとの間で板挟みになり、私の神経は常にピリピリした状態になっていました。

トラブル続きでとうとうブリーダーさんからは「引き取りましょうか」と。

もし、、、もしみゅうをお里にお返しする事になったら、ブリーダーさんからの「代わりの仔」の申し出は受けず、
もちろん返金なども受け取らずに、一生ここからみゅうの事を見守って行こうと決めていました。
そしてもちろん、もう2度と新しいわんこは飼わないと誓うつもりでした。

体が弱く、もしかすると大きな病気を抱えているかもしれないみゅうを 素人の私がキチンとお世話出来るのだろうか、もし私の仕事中に何かあったら、、、ブリーダーさんの所の方が常に目も届き、小さな仔にも慣れているのだし、何よりもママワンと一緒にいられたら、みゅうにとってはその方が幸せなのは一目瞭然で、、、

しばらくは結論が出ずに悩み続けました。

でも私は自分勝手なので、みゅうの幸せを自分が与えられるようになりたいと結論をだしました。
これで、みゅうはお里に戻るチャンスを失くしてしまったのです。
マルが再び自由気ままに暮らす日も、私が取りあげてしまったのでした。

躾け教室の先生から、みゅうちゃんに姉妹は考えていませんか?と言われた事がありました。
私も、今更マルとみゅうが仲良くなるとは思えませんでしたので、先生に相談していました。
今マルだけに向いているみゅうの目を、他の仔に向けさせる方法です。
一時はみゅうを犬の幼稚園に通わせたら、マルもみゅうもお互いにストレスが軽減するかも、と園探しをしたのですが、自宅からも、職場からも通える範囲で条件に合う所が見つからず 断念するしかなかったのでした。

先生は、もし姉妹を考えているのなら少しでも早い方がいいと思います、と言われましたが
先生から言われる前に、私も同じ事を考えるようになっていたので、この事がきっかけになり、いよいよ
3匹目の仔犬探しが始まりました。


今回はどんなことがあっても次女には悟られてはなりませんでした。

でもあの子は勘がいいので冷や汗ものなんです。

時々『もう犬は飼わないでしょうね』 なんて言ってきたりするんですよ\(◎o◎)/!
髪の毛が逆立ちそうでしたよ。
飲んでいた飲み物を吹き出すってコントがありますが、アレって本当なんですね、
危うく吹きだすところでした。


みゅうの時には案外と早く見つける事ができた仔犬ちゃん探しは、意外に難航しました。

今回の条件は

・女の仔
・なるべく大人しめの仔
・泉門(ペコ)の閉じている仔
・みゅうと同じくらいの大きさの仔
                     でした。

犬種には拘らなかったのですが、成犬になっても椅子にはジャンプできない大きさ。
泉門の事はみゅうを迎えてからずっと気になっていました。
今回はそのような心配はしたくはありません。
体の大きさでは 本当のところは先生の言う「3キロ位ある仔がいい」に賛成なのですが、3キロだと
みゅうとの体格差を考えると危ないので、今回もやはり小さめで2キロ位までと決めていました。

プードルも可愛いと思っていましたが、今の我が家の条件を考ると まず候補から外した方がいいとご意見を頂きあえなく断念(ToT)
チワワも気の強い仔が多く、まして小さな仔は泉門の開いた仔が多いと聞きここでも断念。

そうこうしている内にみゅうの1才の誕生日が近づいてきていましたが、何しろおおっぴらに仔犬探しが出来ないのでなかなか進みませんでした。

そんなある日、下の娘が事情があって2週間以上家を留守にする事になったのです。
仕事中に、ピーンと私のアンテナが立ちましたΣ( ̄□ ̄)

    「今しかない」( ̄∇ ̄;)

この日から猛ピッチで探し始めましたЗ=З=З=З

こうなったら、ワイルドな姉ちゃんを抱きかかえるしかありません。
嫌がる姉ちゃんを拝み倒し、何とか味方につけました(まったく親のする事とは思えませんね)

姉ちゃんも渋々承諾したモノの、今回は自分の目でしっかりと見て決めるようにと
忠告してきました。

分かっていますが良い仔が見つかっても私は仕事を休めませんでしたので、当時就活中だった
姉ちゃんに埼玉の岩槻にあるペットショップに行ってもらった事もありました。
私も休みの日は千葉まで片道2時間30分以上かけてマルチーズを見学しに行ったり、仕事帰りに開いているペットショップを何件も訪ねたりしました。

可愛い仔はたくさんいましたが決断までには至らず、次女の帰る日が近づく中 何気なく見たHPに
どっひゃ~
e0248268_4435845.jpg

e0248268_4443890.jpg
可愛すぎ~(((≧∀≦**)))
こちらのブリーダーさんは以前みゅうを迎える前に ひと足違いで飼い主さんが決まってしまって諦めた所だったんです。
ハードな勤務の中、仙台なので、見に行っている時間はありません。
でもとりあえず今の状況を確認すると、まだ飼い主さんは決まっていませんとの事でしたので
今度こそご縁がありますようにと願って、ワイルドな姉ちゃんに相談しました。
さすがに姉ちゃんも、「仙台までは行かれない」というので、またもや見学をせずに決めてしまい、多少の後ろめたさ(娘達に)がありましたが、レッツ・ゴーでお迎えに至ったのでした。
当初、空輸でお願していたのですが、ブリーダーさんからのたっての希望で仙台駅までお迎えに行く事になり、その後勿体ない!といわれるまさかの滞在時間45分!
お土産ひとつ買わず、飲み食いもせず、ひたすら家路を目指したのでした。


この頃には家に帰っていた次女。
仕事に行ったと思っていた母親が、仔犬を連れて玄関に立っていたのですから驚きを隠せません。
次第に怒りがこみ上げてきたのでしょう。
『何考えてんの、直ぐに返して来て!』と激怒されました。

ある程度は予想していましたけどね、、、ε=( ̄。 ̄;)
若いから、怒り方も容赦なくパワーがあります。

でもここで 『はいそうですか』 なんて言えませんし、言いませんよー
この仔はマルとみゅうの救世主なんですから。
大役を背負ってはるばるやって来たのです。

『もういい! うちは何にもしないし、関わらないから!!』
と部屋に閉じこもってしまった次女。

ワイルドな姉ちゃんも、『共犯か?』と責められたそうです 姉ちゃんゴメンm(__)m

くぅも家に来てから約2週間は部屋を別にと言われていたので、2階の姉ちゃんの部屋にケージを置いていました。

姉ちゃんがお風呂に入っている間や、寝たら起きない姉ちゃんの隙を見ては2日目位から、既に気になって
頻繁に様子を見に行っていた次女^^;
鳴いていたくぅを抱っこしていたらしいですw
私にはそんな素振りも見せなかったのに(笑)

次女曰く 『最初に見た時から可愛かった』 だそうです^m^

 「おくしゃん、くぅちゃんエライでしょ♪」 
e0248268_4484910.jpg
はい、くぅちゃんはエライです^^

くぅが来てからみゅうは検査と避妊手術を兼ねて 大学病院で手術を受けました。
危惧していた肝臓からは門脈シャントを疑うものは見つからず予後観察となり、水頭症の疑いも無く
ホッとしました。
みゅうの泉門は閉じるとこが無いので、一生注意していかなければなりませんが、心配ばかりしていたらキリがありません。
くぅが来たからなのか、時期がたまたま同じ頃なだけだったのか、真相は分かりませんが、気が付くと
あれだけ食べなかったみゅうが、良く食べるようになっていました。

くぅがみゅうに付きまとっているので、自然にみゅうはマルにちょっかいを出す回数が減りました。
今でもみゅうがマルに近づきマルが鳴きはじめると、くぅは唸りながらみゅうを追い払うのですよ~
くぅちゃんが来てから 3わんはそれなりにうまくいっていると思います。

オシッコに関しては自由人くぅですが、元気がいちばん♪
くぅちゃんをお迎えして本当に良かったと、心から思う毎日です。


ランキングに参加しています。
長~いお話にお付き合いして頂きありがとうございました。どちらかひとつポチッとして頂けると嬉しいです♪
            
            ↓                          ↓
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by pyon-pyoko | 2013-09-26 04:56 | わん’s | Comments(20)

男の仔?女の仔? お迎え編 みゅうの場合~

 昨日はマルをお迎えするまでのエピソードをご紹介いたしました。

今日はみゅうの場合です。

みゅう、くぅに至っては、あのワイルドな主人は全くタッチして居りません。
と、いうのも私が㊙でお迎えした仔達だからです^^;
(ワイルドな主人は 数年前より単身赴任を満喫しています~♪)

マルが来てしばらくの間、次女はマルを避けていました。
よほどヨーキーが飼いたかったのでしょう。

彼女が大人になった頃、
「実はマルがきた当初、スポンジの欠片をケーキと思わせて マルに食べさせた事があった」と白状したことがありました\(◎o◎)/!
一気に私の血圧が上がったのですが、
「でも、ママが仕事でひとりでお留守番をしていた時、階段で転んで泣いていたら マルがペロペロなめてくれて・・・」というではありませんか!
ワタクシ、泣きそうでした(ToT)/~~~

次女も意地を張っていたのでしょう、それからはマルをとっても可愛がるようになったと話してくれました。
マル~お腹に詰まらなくて良かったよ~(泣)

マルは次女のわんことして来たわけですが(ワイルドな主人が無理やり決めたケド) 結局は面倒をみる私にいちばん懐き、私も溺愛するようになったので、またしても次女は 
『私のわんちゃんが欲しい~』病が出た訳です^^;

マルが5才になったある日のこと
『とうとう運命の仔を見つけた!』と言って私にしがみついてきた次女。

聞けば、リリーの里親会が開かれていたスーパーの1階に、新しいペットショップと動物病院がオープンし、
そのショップに可愛いヨーキーの女の仔が居たと言うのです。

次女が言うには、そのヨーキーちゃんは自分をずっと目で追っていた、、、と^^;
ええ~次女よ、それはあなたが追っていたのでは(滝汗)

とにかく、一度見て欲しいと懇願されて、真新しいショップに行きそこで出会ったのが まさに
運命のヨーキー 『チョコ』だったのです。

「オイオイ、また女なのか~ もうどうでもいいよ、好きにすれば~」と成約時につける赤いリボンをした
後のちょっちゃんを自ら抱っこして
「おいっ、良く説明を聞いておいて」と
早く連れて帰りたいモードで、また自分の世界に入ってしまったワイルドな主人(ー`´ー)うーん

遂に念願叶ってヨーキー“チョコのおかあたん”になった次女。 (チョコのママは私ですw)
ついでに言うと、チョコの下僕はワイルドな姉ちゃんです(*≧ε≦*)ノ彡☆バンバン!!

天真爛漫ですくすく育ったチョコが 8才にして虹の橋を渡ってしまった事はもう既に御存じだと思います。


前置きがものすご~く長くなってしまいましたm(__)m

もう一度ヨーキーと一緒に暮したい!と思ったものの、最大の壁は顔面工作員の次女でした。

「ちょっちゃんでなければイヤ!」の一点張り。

「それにマルちゃんが可哀相」 この言葉は重く圧し掛かりました。

確かにマルは、体も態度も大きなチョコに怯え(チョコはマルに危害を与えたりした事は絶対にありませんでした)
ただ、食べるのが遅いと横取りされ、チャイムの音がなって吠えると ウルサイ!とチョコに逆に吠えられ、マルが私に甘えようものならはじき飛ばされていましたので、
決して待遇が良いとはいえませんでした。

新しい仔がきたら、また同じような目に遭ってしまうのでは、、、と考えましたが、
今度こそ奇跡が起こるのではないか、と僅かな望みを抱いたのです(ポジティブ~)
そんな時に見つけた一匹のヨーキー。
ブリーダーさんが、自分の所の仔にするつもりが、あまりにも小さくお産に向いてないので一般家庭に譲る事にした仔でした。
体は小さいけれど、ちょっちゃんに似ている仔でした。
もちろん次女は大反対。
特にヨーキーの女の仔はもってのほか(>_< )イヤッ と言うのです。

「頼むからお願いだから、今回だけはわがままを聞いて欲しい 何とか他の犬種を検討したけれど、やっぱりヨーキー以外には考えられなかった」と私は土下座して次女に頼みました。
頑として首を縦に振らない娘…(>_<)
すったもんだした揚句、ワイルドな姉ちゃんがとり持ってくれたお蔭で、やっと新しい仔を迎えるお返事をしようと思った矢先に その仔は他の方に決まってしまったのです。

落ち込んではいられません。
こうなったら次女の気持ちが変わる前に、早く次の仔を見つけなくちゃ、と連日仔犬ちゃん探しの日が続きました。

ここで、次の仔を迎えるにあたり、改めて次女から出された条件とは

・女の子(男の子だと、万が一テリトリー意識が強くてマーキングやマルに攻撃をすると困るから)
・マルより小さな仔
・マルより大人し仔
・マルを最優先に考える事

そしていちばんの課題が
・チョコちゃんには全く似ていない仔(思いだすのが悲しいから)
でした

そこでヨーキーだけどチョコとは真逆のタイプで探すこと数日~

見つけた~(≧∇≦)キャー♪
e0248268_9571056.jpg
生後80日で500グラムのみゅうでした。

ちなみにチョコは
e0248268_957586.jpg
ショップに居た頃のお写真です。

体の大きさ、足の長さ、胴の長さ、顔の作り、耳の違い(チョコは垂れ耳)
どこを見ても、ちょっちゃんには似ていることろがありません^^;

問い合わせをしてから、成約まではあっという間に進み、約10日後にみゅうは飛行機に乗って
我が家にやってきたのでした。
         
 





ランキングに参加しています。
しばらくみゅうの存在を知らなかったワイルドな主人に、どちらかひとつポチッとして頂けると嬉しいです♪
            ↓                          ↓
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by pyon-pyoko | 2013-09-23 09:59 | わん’s | Comments(20)

男の仔?女の仔? お迎え編 マルの場合~

 今日のヨーキーなまりりん&オカメなヤンキーのmaririnhahaさんの記事で
飼っている子が男の仔と女の仔どちらが多い?といった とても興味深い内容だったのですが、
ここで我が家のお迎えするまでを書いてみたいと思います。 


私は結構男の子好き♪ ←ヘンな誤解はしませんように^^;

「将来の自分」と題した作文を学生時代書かされましたが、その時には 『男の子3人のお母さんになる』と書いた憶えがあります。 実際は全然違いましたが(汗)

ワイルドな主人は男・男・女の3兄弟の長男です。

私が続けて女の子を産んだ時に、親戚や回りからは次こそ男の子!と言われて本人もそのつもりだったようですが、私が2人でギブアップ。
男の子以上に手のかかる女の子2人を、不規則な仕事で全く育児に参加しない主人のもとでは、もう一人なんて無理、ムリ、絶対にむり、限界でした (´。` ) =3

でもわんこは何匹でも迎えたいな~と思ったりしていて、、、

昔から犬が大好きで、一軒家に越した事もあり、いつかは・・・と漠然に思っていた頃、
偶然通りかかった里親探しの会で、リリーと出会い家族として迎えました。

当時リリーは4才のG.レトリバーの女の子でした。
この時にもワイルドな主人は 「また女か~」とボソッと呟いていました^^;
ホント、失礼しちゃう(怒)
ちょうど4月で、後のワイルドな姉ちゃんの生まれた日に近かった事もあって、リリーはお誕生日プレゼントという名目で我が家にやってきました。

その後、下の娘が、自分もお散歩が出来る位の 小さな室内犬がどうしても欲しいと言い張ったので、
ペットショップに出向いたのが1998年の年末。

そこには所狭しとたくさんの段ボールが床に並べてありました。
開けてみるとそこには可愛い仔犬が!

今から思うと蓋をされた仔犬の入ったダンボール箱が、20箱弱はあったでしょうか。

もちろん、ショーケースにも可愛い仔犬ちゃんはたくさんいました。

1回では決まらず、次の日も訪ね 言い出しっぺの次女はショーケースにいたヨーキー(♀)が良いと
頑として譲らなかったのですが、
「値段が高いし、もう女の子はイヤだ。 あの家は男はオレひとりだから今度の犬は男にする。 イヤなら飼わない!」と
いきなり言いだし、ショーケースには見向きもせず(ケースの中の子はお高いので) 片っ端から段ボールの蓋を開け始めて その中からマルを見つけたのでした。
e0248268_192285.jpg


「この子にしよう!」と
主人が一匹の真っ白なマルチーズの仔犬を指さすと、次女は半ベソをかき始め、
「ヨーキーちゃんがいい・・・」と訴えたのですが、
「この子じゃないならもう帰る」と7才の娘相手に 呆れた実力行使宣言(‐”‐;)

そうこうしている内に主人に抱っこされていた仔犬ちゃん(マル)が、なんとオシッコをして主人の洋服を
濡らしてしまったのです。

主人の「オイお前、シッコしたのか」の声に
一瞬、その場に居た全員が凍りつき、店員さんも慌てて濡れた洋服を拭こうとすると、

「いや~いいね、いいねぇ~シッコしたのかお前は。 ますます気に入ったよ、この仔にします。 後はヨロシク」

と高笑いしながら 超ご機嫌で連れて帰ったのでした( ̄▼ ̄|||)

こうして、男2対女4の生活が始まりました。
e0248268_195160.jpg


   

マルはめでたく我が家の長男になったのですが、数年後に去勢する際にも
最後まで反対していたのが、ワイルドな主人。

「何てことをするんだー そんな事が許されると思ってるのかー!」
「マルはいいと言ったかー そんなことしたら、男でなくなるだろー 」の抗議に

「マルの為にするの、 これがベストだから」と私に押し切られて、渋々承諾していましたが、絶対に納得していませんでしたね^^;


主人はマルの事をとても可愛がり、ケージの組み立てや細かい事も自分から進んでやっていました。
(娘達にもそうして欲しかったわ゛(`ヘ´#) ムッキー)

けれども、おトイレの躾けはかなりのスパルタで、冷や冷やしながら見守っていた記憶があります。

そのお蔭なのかマルは家ではマーキングもしませんし、殆ど粗相はしませんでした。


良く分からない主人のひと言で 男の子のマルを迎える事になりましたが、この時は特に性別には拘っていませんでしたので、生活するにあたって気になりませんでした。          
 
マルはもともと温厚でおっとりした性格でしたが、去勢した後はますますビビリ犬になり、例えヒート中の女の子が側に居ても 腰が引けてその場を一刻も早く立ち去りたいと私に訴える 超ヘタレ犬になったのでした(爆)
 「ボクのことかな?」
e0248268_1914897.jpg
 そう、ボクしかいないでしょ037.gif

ここまでが『ハンサムボーイ・マル』 編です(^^)


ランキングに参加しています。
「Hey! ハンサムボーイ」とマルを」呼ぶ、ワイルドな主人にどちらかひとつポチッとして頂けると嬉しいです♪
            ↓                          ↓
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by pyon-pyoko | 2013-09-22 19:58 | わん’s | Comments(22)

スネ男

昨日は、私へたくさんのお祝いのお言葉を頂きましてありがとうございましたm(__)m
こんなに 「おめでとう」 と言ってもらえたお誕生日は学生以来でしょうか(^^♪
ひとりで感激していました。

本当にありがとうございました\(^o^)/


かわいいヨーキーのまるちゃんのいる ♪まんまるこ♪ショップさん でお洋服を作ってもらいました。
e0248268_1271554.gif

お写真だと分かり難いのですが、みゅうとくぅの見分けがつくように、タグの色を変えて下さいました。
e0248268_1273766.gif

特にお出かけの予定もないのですが、つい、、、^^;
e0248268_1294813.gif

サイズもぴったり♪
e0248268_12103038.gif

くぅちゃん、みゅうちゃんをからかわないのー   あら?後ろにスネ男が一匹(爆)
e0248268_12113084.gif

その後は ことごとくジャマをするマル。
e0248268_12115918.gif

みゅうちゃんがみえませんよー  それにおくちの回りがバッチイですねー(>_<)
e0248268_12124763.gif

ちょっとマルちゃん、みゅうちゃんがまったく見えませんってば008.gif
e0248268_12131131.gif
ムキになっていたマルちゃんでした (´。` ) =3

15才ってむずかしいお年頃なのね037.gif



ランキングに参加しています。
しばらくスネていたマルちゃんに、どちらかひとつポチッとして頂けると嬉しいです♪
            ↓                          ↓
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by pyon-pyoko | 2013-09-21 13:39 | わん’s | Comments(16)

なんでこのタイミング?

先日マルの15才のお誕生日を迎えたばかりですが、実は今日、ワタクシもまた歳をとりました^^;

若い頃は、自分がこんな年になろうとは想像もつかず、幼い頃に可愛がってくれた近所のおばさんは
当時の私からは十分 「オバアちゃん」に見えたのですが、今から思うと、現在の私よりも若かったハズ(汗)

見た目も体の中も、日々衰えて来ているのがハッキリと分かるようになり 何だかなぁ~って、、、008.gif

ああ、いけない、テンションをあげないと!

だって、今日は遅番勤務。
望んでもいないのに(笑)

せっかくだから、それまでマルちゃんをお触りして癒してもらいましょう(若干セクハラ)(●ゝ艸・)フ゜ッ




くぅですが、再検査に行ってきました。

結果から申し上げて まだ完治とまではいっていませんが、熱も下がり平熱に。
白血球は正常値内になりました。

気になっていたCRP (体内に炎症反応などが起きているときに血中に現れる蛋白質)はまだ正常値にはなっていませんでしたが、数値は確実に下がって来ています。
もう少し抗生物質を続けて、来週もう一度血液検査になりました。

そして・・・診察前の体重測定で なんとくぅちゃん1.7キロに!!
先週、具合が悪い中、測った時も1.6キロ台になり私を驚かせていたのですが、ええ~っ\(◎o◎)/!

確かに具合が悪くなってから、食欲がなくなったらタイへ~ンとたくさん食べさせていたのは認めます。
(昨日の記事を学習していない私って^^;)
でも、今まで一生懸命食べさせても、ちっとも太れなかったのに、、、何でこのタイミングで?

急に増えると足腰に負担がかかってもいけませんし、心臓にだって良くないですよね。

くぅちゃん、これからは少しごはんは控えましょうね。
e0248268_5322329.jpg
 「おくしゃん、訴えるわよ」
 
  そう言うと思った (‐”‐;)  

    
 

         
ランキングに参加しています。
くぅのシャンプーの許可が出ず、洗いたくて洗いたくてウズウズしている私に、どちらかひとつポチッとして頂けると嬉しいです♪
            ↓                          ↓
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by pyon-pyoko | 2013-09-20 05:54 | Comments(26)

犬のごはんクッキングクラス

昨日の記事でマルの『怪しいもの』を探して下さった方々、ご協力ありがとうございました(爆)
多分、私と同じにおいのする方達なのでは!
と勝手に想像しては、ほくそ笑んでいた私です(*≧m≦*)プププw


さて、、、
マルのお誕生日前に行ってきた 犬のクッキングクラスも 6回目になりました。

今回は生命にとっては、なくてはならない 『酵素』 のお話でした。


下記は授業で教わった事です。


動物にとって不可欠な酵素は、腸内でも作られますが、不足しないように食べ物からも取り入れ
補う必要があります。

体内の酵素には 消化酵素と代謝酵素の2種類があります。

飲酒や喫煙、医薬品の常用、暴飲暴食、添加物の多い食べ物(インスタント)等を体内に入ると
毒素が発生しますが、その毒素を除去してくれるのが『酵素』なのです。

その毒素が多過ぎるとせっかくの酵素も大量に消費されて不足してしまいます。
酵素が不足すると体調が悪化し、腸内環境が悪くなると免疫力も低下します。 

消化の負担を少なく出来れば、余った酵素は代謝酵素に回すことができます。

消化酵素ばかりが使われてしまうと代謝酵素が不足し、代謝酵素が不足すれば、外からのウイルス等を
防衛できなくなるので病気にかかり易くなったり、病気が治りにくくなります。

動物は具合の悪い時には食事をせずに、じっと体を休ませます。

このことからも、具合の悪い時に食欲がなくなると言うのは、自然治癒力のひとつと言えますね。

なので、具合の悪い時には 無理にカロリーの高い食事と摂らずに、なるべく消化しやすい酵素がたっぷり入った食事をとるようにすると良いです。

~まだまだ途中なのですが、ここまで教えて頂いた事のいち部分を書きだしてみました~


では、手っ取り早く、食物酵素が入っている食べ物ってどんな物?って思いますよね。

生の食べ物や発酵食品 です。

それを踏まえて今月のメニューは
ゴーヤチャンプルーと酵素たっぷりの夏ゼリーを作りました。

・おうち用に持ち帰ったゴーヤチャンプルー
e0248268_1417589.gif
 このチャンプルー人間用に作るのと、ほとんど同じです。
ただ、梨のすりおろしを加える事で酵素を摂っています。 

・酵素たっぷりの夏ゼリー
e0248268_1420051.gif
 お出汁で溶かしたゼラチンをある程度まで冷まし、それぞれおろした野菜、果物(にんじん・リンゴ)そして小さく切った肉(ここでは赤身の薄切り牛肉)を加え、手早く混ぜて冷やし固めます。  

3わん取り分け後
e0248268_14201624.gif
 

スゴイ食いつきの良さ♪
e0248268_14204552.jpg
食べ終わった後は、お皿がピカピカ☆072.gif
e0248268_14205894.gif
ごちそうさまでした(*^_^*)

ゴーヤチャンプルーはゴマ油で炒めましたので、いい匂いが部屋中に広がって、私のお腹もグーグでした^^;

それから~ここでひと言

手作り食を作るようになってまだまだ日が浅く、試行錯誤しながら自分がお伝えできる範囲で
書かせていただいておりますが、皆さまからも良い情報があったら是非教えて下さいね♪

たくさんの本も出ていますし、素晴らしい先生達もいらっしゃいますが、皆さんすべてが同じ考えではありません。
その中から 何を採り入れるのかは私達、飼い主です。

考えや行動が 狭くなったり偏ったりしない為にも 情報は常に更新して行きたいと思っています。
数年前までは常識で良いとされていたものが、やっぱりアレは良くなかったそうです、、、なんて事が
いつ発表されても不思議ではありません。
それだけ日々、研究も進んでいるということですね♪



ランキングに参加しています。
見た目、洗わなくても良さそうな3わんのお皿に、どちらかひとつポチッとして頂けると嬉しいです^m^
            ↓                          ↓
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by pyon-pyoko | 2013-09-18 15:46 | わんこごはん | Comments(20)